Lintu Laulu*糸 鳥 & Piano huone

ピアノと小鳥刺繍   フィンランド語で Lintu(鳥)Laulu(歌)huone(部屋)



日本民藝館~学び週間・・・その1  :: 2014/11/26(Wed)



141119-2.jpg

大好きな日本民藝館。
踊り場のある見事な木の階段が、小学校の木造校舎にそっくりだから、
懐かしさでいっぱいになる。

久しぶりに訪れたのは
「カンタと刺し子 ベンガル地方と東北地方の針仕事」を見るため。
国は違えど、女たちの針仕事は圧巻。
その針を持つ思いはきっと同じだと思う。
家族を思い一針一針祈りを込めた手仕事は暖かく優しい。


141119-3.jpg


この日は運良く本館向いに建つ西館(旧柳宗悦邸)の公開日で初めてこちらは見学。
宗悦の奥様である兼子は声楽家だったと知る。
奥様の部屋も公開されていて、譜面台の両脇に燭台つきの木目のピアノや、りっぱな階段箪笥がとても素敵。
イタリア歌曲を歌うCDも流れていて心地よい。
木の家はやはりいいなぁ・・・



141119-4.jpg



そして、次に民藝館に行ったら絶対に寄ろうと決めていた穴場のカフェへ向かう。
それは、駒場公園内の日本近代文学館の中にあるカフェBUNDAN。
文学館の中の文壇カフェとしてなかなか落ち着くお店だと以前テレビでやっていたから。

まず、公園のこの門構えにビックリ。これまた小学校の正門そっくり!!
今では私の瞼の中でしか見ることはできないのだけれど・・・。





141119-5.jpg




歩みを進めると、文学館と反対側にこんな建物!吸い寄せられるように近づくと
加賀百万石の当主だった前田家の本邸だという。
洋館と和館とあるのだけれど和館のほうは耐震補強工事でみられなかったけれど
洋館を見学することに。

それはそれは素晴らしくシックで広くてうっとり。
当時を想像してため息(女中部屋だけで4部屋もあるんですヨ)

しかも、ちょうど邸内で「東京の教会」と題して写真展が行われていた。
東京の歴史的建造物を毎年対象を絞り撮影し写真展を開いているとのこと。
すると、「あれ?」見覚えのある教会・・・
ナント、私が結婚式をあげたカトリック神田教会も!びっくり~~


そしてやっと目的のカフェBUNDANへ。
実はこの日カメラは持参したもののSDカードを入れ忘れ・・・
本当は前田伯爵邸やBUNDANカフェも写真を撮りたかったのに
本体に記録できるのはもういっぱいなのでしたー(涙)


カフェは珈琲に作家の名前がついたりして楽しいし、
頂いたスコーンも美味しくて
なにより静かで、色づいた木々や飛び交う小鳥を見ながら飲む珈琲はたまらない。
近くにあったら通ってしまいそうな空間でした。
お食事も美味しそうだったので、次回、民藝館に来るときは
こちらでお昼を頂くことにしようと思いつつ帰路についたのでした。
大満足な一日♪


日本民藝館はこちら

カフェ BUNDANはこちら




スポンサーサイト


  1. おでかけ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<イトマキボタンのWSへ 学び週間その2 | top | 高キビ粉の無糖レーズンパン*パン教室*11・13>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lintulaulu2.blog.fc2.com/tb.php/109-d8fb8b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)