Lintu Laulu*糸 鳥 & Piano huone

ピアノと小鳥刺繍   フィンランド語で Lintu(鳥)Laulu(歌)huone(部屋)



この一月で行った美術館などなど・・・ :: 2015/06/05(Fri)

150501-2.jpg

5月1日
若冲と蕪村 生誕三百年 同い年の天才絵師  サントリー美術館

墨というモノクロの世界、たまらなく好きです。


 


150501-1.jpg

同じ5月1日

昨日書いたように、最近ネット経由で知り合って、相模大野のイベントに来て下さった
岡澤麦子さんの個展に銀座のギャラリーへ。
一緒に暮らしていらっしゃるオカメちゃんも絵の中に登場して・・・

実はお家は徒歩圏内!なので、最近近所のカフェでお茶をしました。
その時に、オカメちゃんのブローチをつけてきてくださりとても嬉しかったです。







5月6日 図鑑の生きものいっぱい  松原巌樹生物細密画原画展  相模原市立博物館
昆虫から哺乳類、植物、そして鳥類の図鑑などを手がける松原さんは相模原市内に在住で
原画展が催されるというので行ってきました。
昔、ワイルドライフアート講座で野鳥の細密画を習っていたことがあるので興味津々で。



150506-1.jpg


そして、
5月9日

尾形光琳300年忌記念特別展
燕子花と紅白梅
光琳デザインの秘密       根津美術館 

燕子花と紅白梅の2つの屏風絵の揃い踏みということで。

想像していたよりもずっと落ち着いた色調で圧巻でした。
そして、絵を堪能した後にお庭の散策へ。


正直、あんなに広いとは驚きました。
すり鉢上になっている地形のお庭を下っていくと、
しばらくしてある一瞬で視界に飛び込んできたのが、本物の燕子花・・・・
あまりの美しさに息をのみました。
ダブルの燕子花にうっとり・・・
本当は沢山写真を撮ったんですけどね。
お庭のそこここにも美術品がさりげなく置かれていて
小一時間ほどゆったり散策後、再度光琳の燕子花を拝見しました。

本当はお庭のカフェで一休みしたかったのですが、外まで行列。
あっさり諦めて館外へ。
しかし、鑑賞&お散歩で喉も渇き・・・
そうだ、行ってみよう!とわりとすぐの場所にある小鳥カフェさんへ。
予想外に空いていました。
セキセイとオカメちゃんのそばのテーブルを選び可愛いインコちゃんたちを眺めつつの
コーヒーブレイクも至福なひとときでした。




150509-2.jpg



150509-1.jpg



そして、最後に

5月24日 ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 最終日に   三菱一号館美術館


私の印象派。というタイトルにもあるように、やはり印象派といば音楽とは切っても切れないですね。
不思議と絵を見ていたら、ドビュッシーやラヴェルを久しぶりに弾きたくなりました。
と共に、印象派の画家たちに影響を与えた浮世絵を見たくなった私でした。

ちょうどお庭のバラが真っ盛りでとてもきれいでした。
そのお庭を囲むようにオープンカフェでくつろぐ人々は、皆とても幸せそうに見えて
私もお茶の一杯でも(正確に言うとランチもまだでした)・・・と思ったけれど
この日はちょうど大相撲の千秋楽!小学生から大好きなお相撲。
食べて飲んでる場合じゃないと、いそいそ帰ることになったのです。

とはいえ、目と鼻の先の有楽町のフォーラムのイベントに出店されていたししゅうねこさんに
お会いして、刺繍の展覧会も駆け足で回ったんですけど。


150524-1.jpg

150524-2.jpg


多くのものを直接見て、感じることは本当に素晴らしいですね。
行きたいところ、見たいもの、聴きたいもの、もちろんすべては行けないけれど
ステキな出会いは必ず自分の血となり、肉になるはず。
また、ふらふら・・・っと、おでかけしたいです。




スポンサーサイト


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. おでかけ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ちょっと時間がたってしまいましたが・・・ | top | ヨウムさんの刺繍>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lintulaulu2.blog.fc2.com/tb.php/142-d058f4e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)