Lintu Laulu*糸 鳥 & Piano huone

ピアノと小鳥刺繍   フィンランド語で Lintu(鳥)Laulu(歌)huone(部屋)



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
菖蒲と小鳥と・・・ :: 2015/06/08(Mon)




150606-2.jpg



すごい木ですね・・・いったい何歳なんだろう。

動物の命に比べたら、はるかに長い年月を生きる。
根ざした場所から動くことは出来ないけれど、そこに起きる自然現象をすべて受け止めて
光の方へ光のほうへと生きる力。

どこかの山奥にでも行ったみたいですが、自宅からそう遠くない県立相模原公園の菖蒲園の奥に
菖蒲の存在がすっかり薄れてしまうほどの迫力で私を迎えてくれました。

ご近所なのに、こちらの菖蒲園はそういえば行ったことがありませんでした。
今までは、お隣の町田市の薬師池に行ってましたから。

で、まだちょっと早いかな?の予想は的中で
咲き始めたところ、といった感じでした。
それでも、美しく咲く姿に梅雨入りが近いことを予感させてくれました。





150606-3.jpg


150606-4.jpg


そして、お隣の麻溝公園のふれあい広場へ。

私は3月に鳥友さんたちと20年ぶりに行ったけれど、夫はまさしく20年ぶり。
大きなケージに放し飼いの鳥たちの中を歩けます。

キンカさんたちは巣材運びに忙しく3月より皆活発❗
セキセイとオカメさんだけはケージinケージに。
このオカメちゃんとても慣れていてカキカキを催促。
ナント、冠羽のストロー(筆毛)を4本ほぐさせてもらいゴキゲンな私でした。



文鳥さんたちも数ある巣箱の争奪戦?
勝利したペアは繁殖まで行っているのかな?

同じ場所でオシドリがいたり、キンケイが横切ったり、うずらが叫んでいたり・・・
賑々しくて楽しい場所です。




そして、バードケージ以外にもおさるさんやらポニーちゃんや多くの動物たちがいて
まるで小さな動物園のようです。

今回、一番おもしろかったのはこの方々。ミーアキャット。
おなかを見せてくつろぐ姿は、まるで有閑マダムのようでもあり(?)
来ていたお客さんたちをすっかり虜にしていたのでした。






帰宅して、あ、紫陽花を見てくるのを忘れちゃったね・・・と。
そう、この公園はとっても広くて大温室もあったりで、本当は一日充分遊べる広さなんです。

今年は鎌倉の紫陽花はもう見頃を迎えていると、ちょうど今日ニュースで言っていました。
紫陽花もどこかに見に行けたらな・・・








スポンサーサイト


テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

  1. おでかけ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<我が家の小庭で | top | ちょっと時間がたってしまいましたが・・・>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lintulaulu2.blog.fc2.com/tb.php/144-49d4bca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。