Lintu Laulu*糸 鳥 & Piano huone

ピアノと小鳥刺繍   フィンランド語で Lintu(鳥)Laulu(歌)huone(部屋)



出会いを重ねて :: 2015/06/20(Sat)





今日は 「出会い」 の不思議について。

中学の担任が、「このメンバーで、このクラスになったことは、本当にすごいことなんだよ。
奇跡の様なことなんだよ。」  と言っていたのを最近よく思い出します。

人はもちろん、音楽、美術、舞台、映画、書物・・・
自分に起こるあらゆる出来事や出会い、その不思議さを考えるようになりました。

今まで、我が家にやって来て一緒に暮らした
すみれちゃん、そらんちゃん、あやめちゃん、かりんちゃん、野藍ちゃん、そして琳音ちゃん。
ご縁があった、という言い方を良くしますが、よくぞ我が家へ来てくれたねって思うのです。
野山での野鳥や植物との出会いも一期一会、出会いの不思議です。

さて、

木曜日に 「松園と華麗なる女流画家たち」 山種美術館へ行ってきました。
随分昔に、大原麗子が上村松園役でドラマ化されたときに、初めて松園さんを知りました。
松園さんの美人画は本当美しく、うっとりしてしまいます。
そして、息子の松篁さん、孫の淳之さんもとても好きで、美しい鳥の絵も多いことから
機会があると展覧会にでかけて見て来ました。


今回は、何年ぶりでしょう?久しぶりの再会という感じでした。
ため息がでるような美人画の数々。
そんな中で、ふと、今日は半襟に注目しようと、見ていたんです。
私も着物を着るようになり、半襟に刺繍したり、帯や羽織紐を作ったりするので
細かいところを見るのが楽しい♪

一見、クリーム色の半襟も、刺繍なのか、地模様なのか、その模様は多様で楽しい!
で、ふと 「牡丹雪」という絵の半襟をみると、桜。
先取りを常とする着物の世界、
今はまだ雪が降っているけれど、心はもう春、早く来い。
というような日本の心を見ることが出来て嬉しくなりました。

先に進み、はっと足が止まったのは、絵の横に添えてあった松園の言葉。
このところ、自分の中で迷いを感じていた部分への言葉のようにも感じられて、
その言葉との出会いにも感謝・・・

そして、初めて知った、木谷千種。
「夢の通路」という絵の前で足がとまりました。
なんという色の取り合わせ!!そして、その女性の醸し出される雰囲気。
しかも、22歳でこれを書いたということを知ると、もう放心状態でした。
あとで、図録を買ったのですが、印刷するとその色は、当たり前ですがまったく違う!
心の中で色褪せぬようにと、今は思うばかり。

そして、実は友人が小倉遊亀さんのお孫さんとご結婚されたこともあり、
毎年、遊亀さんのカレンダーを送ってくださいます。
なので、私は遊亀さんの絵を365日見て生活しています。
けれど、今回はとても大きな絵が出されていて、やはりカレンダーとは別世界!
圧倒されました。

やはり、実際に本物に出会い、この目で見ることはかけがえのない出会いであると感じつつ
美術館を後にしました。

そして、帰路に数年前から気になっていて、最近NHKのETV特集で感激した、篠田桃紅さんのエッセイを購入。
今、話題になっている「103歳になってわかったこと」ではなく「百歳の力」の方。
これには、もう言葉もなく絶句!!
少し調べたら、ナント、彼女の作品の多くを所有するのが、岐阜県現代美術館というではないですか!
実家から1時間ほどの場所!
とにかく、次の帰省では絶対に訪れたいと思ったのです。

一日で、本当に多くの刺激的な出会いを重ねて、いまだにちょっとぼんやり気味の私。

そして、実は、少し前にオドロキの出会いも体験したのです。

昨年の一月位だったか 「繕い裁つ人」 という映画の存在を知りました。
確か、雑誌の紹介のページだったと記憶しています。
ショートカットの中谷美紀さんの横顔の写真と内容に釘づけ。

そして、やっとやっと先月、映画を見てきたのです。
想像以上でした・・・
内容もキャストも音楽も、すべてがあまりにも美しすぎる、素敵な素敵な映画だったんです。


さらに、その映画館でばったり古い友人に会ったんです。
多分、最後にあってから10年以上の年月が流れていたと思います。
時々、思い出しては元気かなと、互いに気にかけていた事も知りました。
その空白の時の中で、互いにいろんなことが起きていて、乗り越えてきていたこと、
そして映画館で再会。今再会できたことがごく自然なことに思えました。不思議なものです。


で、話は映画に戻りますが、
その日、インスタに記事を載せた翌朝、いいねをしてくださっている方が存じ上げない方だったので
その方のページに飛んでビックリ!!
なんと、映画で洋裁指導を担当されたMayMe伊藤みちよさんだったんです。
しかも、そう遠くない場所で個展の最中だということがわかり・・・
で、行って来たんです!

行って見てまたびっくり!
そこに並ぶお洋服は生地もデザインも私の好みのものだったんです。
映画の裏話など興味深く伺いつつ、試着させてもらい、ワンピースをオーダーしてきてしまいました。
なんという繋がりでしょう・・・

出会いの不思議。

そんなことの積み重ねが人生。


ちょっと感慨深いこの頃であります。










今日は長文、失礼しました。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。



スポンサーサイト


テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. おでかけ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<6月21日 愛鳥塾 「愛鳥さんのご飯について考えよう!」  | top | 我が家の小庭で>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lintulaulu2.blog.fc2.com/tb.php/146-4f9c7e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)