Lintu Laulu*糸 鳥 & Piano huone

ピアノと小鳥刺繍   フィンランド語で Lintu(鳥)Laulu(歌)huone(部屋)



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
6月21日 愛鳥塾 「愛鳥さんのご飯について考えよう!」  :: 2015/06/24(Wed)



21日にTSUBASA・とり村で開催された愛鳥塾に参加してきました。









150621-1.jpg


150621-2.jpg





150621-3.jpg


今まで、あまりにも遠い場所だと思っていたとり村。
ご近所の鳥友さんたちに、そんなでもないよ、と教えて頂き、
人生初の東武東上線で柳瀬川まで行ってきました。




さて、
私にとって小鳥の食事については20年以上考え続け、悩み続けているテーマ。

ウロコインコという、未知の中型の琳音ちゃんをお迎えしたこともあり、
また目まぐるしく変化してきているコンパニオンバードの食事。期待しつつお話を伺いました。



私のなかで答えがはっきり出たわけではありませんが、今後も模索していくことになると思います。
ガブリエル財団の鳥さんの食事でペレットは1割である、という情報は今後の指針になるのではと思いました。



ここ数年、母の病がきっかけで人間の食事について考え、学び、見直し、色々と実践、試行錯誤してきました。
人間の食事はさらにいろんな考え方があります。
知れば知るほど、ある種の覚悟が必要とさえ思います。


まして、小鳥だけでなく、ペットの食事は飼い主に100%ゆだねられているわけです。


食はもちろん、ケージ環境、起床就寝時間、放鳥タイム、生活すべてにおいて
小鳥の種類や年齢性別の違いにも注意しながら
常に意識を持ち、琳音ちゃんにとってより良い鳥生を過ごせるように、と気持ちを引き締めたところです。





スポンサーサイト


テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

  1. おでかけ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<今年の梅仕事 | top | 出会いを重ねて>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lintulaulu2.blog.fc2.com/tb.php/147-64ec9207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。