Lintu Laulu*糸 鳥 & Piano huone

ピアノと小鳥刺繍   フィンランド語で Lintu(鳥)Laulu(歌)huone(部屋)



一眼レフカメラ用バッグ オーダー :: 2015/07/02(Thu)



実家に帰省し、こちらへ帰る月曜のお昼に、名古屋駅で鳥友のHさんにお会いしました。

Hさんは、愛鳥さんをとっても綺麗でかわいい写真を撮られるんです。
本当にうっとりしてしまいます。
技術はもちろんですが、彼女の小鳥への暖かな愛情あふるる眼差しが
きっと、あんなに素敵な瞬間を捉えるのでしょう。

また、風景写真や野鳥も撮られるのです。
そんな彼女に12月、お会いしたときにオーダーをしてくださったのがカメラ用バッグ。
一眼レフは大きくて重くて、市販のバッグは可愛いのがなくてね。って。

そのとき、偶然私が持っていた自作のバッグをご覧になり
カメラバッグとして使える気がするわ、と。


それから、半年もお待たせしてしまいましたが、やっと完成&お渡しすることができました。




一見すると普通のバッグです。


150629-2.jpg



150629-3.jpg

もちろんカメラ用ではなく普通にタウンで持つことができます。

私なりにこだわったのは、持ち手は肩にぎりぎりかけることができる長さ。
そして、取り外しの出来る肩掛けストラップをつけました。

底には、重さに耐えられるようにバッグ用の底板を表地と裏地の間に挟みました。
(これがなかなか苦労しました!)

表地は鳥柄で探し、でもあまり子供っぽくならずに、モノトーンで
そして裏生地は開けたときにハッとするブルー。これはまったく私の趣味。
しかも、内側ポケットにはインコ刺繍を入れました。

そして、なによりこのバッグ、がばっと大きく口が開きワンタッチで閉じることができます。
しかも、すっごく物が入るんです!

形になるまで、四苦八苦したことも多くて大変でしたが、出来上がると私自身とっても愛着がわいて
自分でも欲しくなりました。
前に私が作ったものは、キルティング生地で、肩掛けのストラップや、底板はないので
やはり、カメラ用となると強度や使い勝手は大切ですね。

実は、口金がもうワンサイズ小さいタイプもあります。
その大きさだと、ミラーレス一眼にちょうど良いのでは?と思うので時間ができたら
自分用に作りたいなと思っています。


150629-4.jpg


ウロコインコの琳音ちゃんが我が家にやってきて、初の再会となったので、
未知のウロコインコの生態?おもしろ癖やら、もろもろ沢山聞いてもらい、楽しいひとときでした。





インスタグラムはこちら  lintulaulu14


https://instagram.com/lintulaulu14/?modal=true


ツイッターはこちら   @lintulaulu2

https://twitter.com/lintulaulu2




スポンサーサイト


  1. 小鳥刺繍
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<琳音さん・・・羽抜け替え | top | 週末実家へ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lintulaulu2.blog.fc2.com/tb.php/150-2b7543d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)