Lintu Laulu*糸 鳥 & Piano huone

ピアノと小鳥刺繍   フィンランド語で Lintu(鳥)Laulu(歌)huone(部屋)



琳音との幸せのために・・・ :: 2015/12/01(Tue)






琳音との暮らしが寄り良いものになるようにと、
10月11月で、3つのセミナーを受講してきました。





151018-1.jpg


まず、10月18日、とりきち横丁さんの出張セミナー。

テーマはドイツ発ペレット食、シード食のあり方、考え方。
私の中でも長年のこのテーマ。行かずにはいられませんでした。

所変われば・・・と言いますが、
こんなにもドイツ含むヨーロッパの価値観が違うのかと、目からウロコのお話の連続。

どこで、なにをしようが、生きていく上で自分のポリシーをしっかりと持ち、
揺るがぬ精神を作ることが、いかに大切かと(私はいつも決断力に欠ける)
鳥の世界だけではないとしみじみ思ったセミナーでした。



151128.jpg



そして、28日、バードライフアドバイザー認定講座へ

3級は  「鳥と私が幸せになるためには」  
2級が  「鳥と私とあなたが幸せになるためには」
1級が  「鳥と私とあなたと社会がしあわせになるためには」


琳音がいてくれるだけで幸せだけれど、琳音はどう思っているのか・・・
幸せだよと、思ってもらえるようにとの思いで受講を決めました。

大変な人気で、全国あちらこちらで行われるこの講座は
申し込み開始数分で満席になってしまうほどとのことで、
いかに、小鳥との暮らしを真剣に考える人が多いかがわかります。

一日の講座と、親睦会も参加。
鳥への愛が熱い熱い人たちとの情報交換の場は
本当にありがたく、また心強い。

名古屋での33羽レスキューもこの3級を受けた方たちの連携と熱意で進んだことを知りました。
何がおきてもおかしくない昨今、何かあったときにすぐに対応できるような
そんな組織にもなれたら良いのかな?と思いました。



151129.jpg


そして翌日、

D.I.N.G.Oさんによる  愛鳥とのより深いコミュニケーションのために その1 へ。


やはり、琳音との毎日、お互いに楽しく過ごせるように、
琳音のキモチをしっかり受け取ることができるようにしたい、と思います。
3回シリーズの一回目。


10月の寺子屋でのお話が非常にわかりやすくて、今回も期待でいっぱい!


具体的に画像や動画を交えてのお話は説得力たっぷり。
講座の終りには参加してくださった鳥さんたちでいろんな実験を・・
改めて、小鳥といってもこんなに反応が違うのかと驚きました。

翌日から、講座内容を踏まえて、琳音に接すると・・・
明らかに反応が変わる。
琳音のことはよくわかっている、つ、も、り、でしたが、
私次第で、こんなにも変わるのは、さらに驚き!

2回3回とさらに学んで、幸せだと思ってくれるようにと切に思うのです。









スポンサーサイト


テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

  1. 愛しき我がインコたち
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<暖かいまなざしに支えられて・・・ | top | インコ刺繍のワークショップ終了しました♪>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lintulaulu2.blog.fc2.com/tb.php/168-b083b895
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)