Lintu Laulu*糸 鳥 & Piano huone

ピアノと小鳥刺繍   フィンランド語で Lintu(鳥)Laulu(歌)huone(部屋)



アキクサインコ/乳母日記 その5 :: 2016/01/28(Thu)






151105-2.jpg





151105-1.jpg





151106-2.jpg





151104-7.jpg



アキクサインコ・乳母日記も、その5 まで来てしまいました。

思いがけなく始まった乳母生活。

乳母、のつもりでしたが、自分でも驚くことに、
乳母からママになるという道を決断しました。

そして、さらに苦渋の決断をしなければならぬことに
私は押しつぶされそうになりながらも
琳音にとって、あんちゃんがよいのか、ちびちゃんがよいのかを
考えるようにしました。

実は最初に二羽を連れ帰ってすぐの頃は、
どうやら 「鳥」 とは認識してなかったようです。
なんだこのふにゃふにゃしたの、って感じでしょうか?

見に行ってもほとんど興味なしというふうで、すぐに立ち去っていました。
ところが、だんだん羽が生えてきて少しだけ鳥らしく?なってきた頃だったでしょうか?
あるとき、プラケースに琳音が近づいた瞬間でした。

奥にいたあんちゃんが、ダーー!!って奥から琳音に
大きな口を開けて駆け寄ったのです。
琳音ちゃんもびっくりしたのか、くちばしでコンコン!ってやり合ったのです。

プラケース越しだったからよかったけれど、かなり激しくだったのです。
そのときチビちゃんのほうは、まったく知らん顔。
我関せずです。

あんちゃんは妹を守ろうと思ったのかな?
あるいは男同士種を越え何か感じるものがあったのか・・・

その光景が印象的で、実際にはわかりませんが、
今後仲良く出来ないかもというのが頭をよぎりました。

ちびちゃんのほうは、白い尾羽に翼に黄色が入っていて
性格もマイペースなところが、なんともセキセイのかりんちゃんを
思い出すのです。


そんな理由から、またひとつ重い決断をくだしたのでした。


さて、ここで終りではありません。

琳音と一度くらいつつきあったとはいえ、同じように育てて
可愛いあんちゃん、誰の元に?ということが次の問題でした。


やはり、まったく知らない人のところへ、はどうしても出来ない。

どうしよう・・・


ブリーダーのNさんの了解を得て里親さんを探すことになりました。


まだまだ続く



スポンサーサイト


テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

  1. 愛しき我がインコたち
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<シマリス保護しました!飼い主さん探しています。 | top | アキクサインコ・乳母日記 その4>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lintulaulu2.blog.fc2.com/tb.php/179-6eef22d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)