Lintu Laulu*糸 鳥 & Piano huone

ピアノと小鳥刺繍   フィンランド語で Lintu(鳥)Laulu(歌)huone(部屋)



Birds’ Glooming セミナーに行ってきました :: 2016/05/08(Sun)

160505-5.jpg


160505-4.jpg


すっかりご無沙汰してしまいました。
琳音、愛野、福多朗、みな元気いっぱいです。








Birds’Glooming セミナーに行ってきました。
昨年の10月Birds’Glooming Shopさんでの、とりきち横丁さんのセミナーを聞き、
ドイツの鳥事情に大変驚きました。
特に集団行動の動物の単一飼いの禁止、
金魚でさえ一匹では売ってくれなくて、スイス、オーストリアでは法律化されている。

その話を聞いた7日後に、愛野&アキちゃんの乳母生活が始まるとは
思いもしなかったことを思い出します。


そして、今回のセミナーがあることを知った時も、
絶対に行こう!とは、思わなかったのです。


セミナーの内容は
1、鳥さんのQOLを考える~代替行動の必要性~
柴田祐未子 BGSバードコンサルタント

2、ドイツの飼い鳥事情:これだけ違う、鳥と人間のかかわり方
シシイ家原弥生 とりきち横丁代表

3、飼い鳥のストレスとフラストレーション
~毛引き症と発情抑制の新しい考え方~
海老沢 和荘 横浜小鳥の病院院長

とりきちさんの話はもう聞いたし、
特に行かなくてもいいかなぁ、、、と。


しかし、
人生、先のことはわからないものです。

まったく自分とかかわりのないように思っていたことが、
ある日突然、身にふりかかる。

まさか!!の事態に、衝撃とショックを受け、
なぜ?なぜ?悲嘆にくれる日々が続きました。

初告白です。

実は、琳音ちゃんが毛引き症になってしまったのです。

12月20日朝、ケージの底に羽がどっさり・・・
一瞬何がおこったのかわかりませんでした。

一度なってしまうと、大変治りにくい毛引き症だと、
認め受け入れるには、相当の時間がかかりました。


ただ、これはもう5月のセミナーに絶対に行かなくては!
という状況になってしまったわけなのです。


今はただ、今回のセミナーでも言われた
「鳥ではなく人間が変わる」 と 「あきらめないで」 
その言葉を胸に、向き合っていこうと思っています。

とりきち横丁さんのフォニオパディ、パギマグリーン
2羽ともパクパクと食べてくれました♪







160505-2.jpg


160505-3.jpg



スポンサーサイト


テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

  1. おでかけ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<アキクサインコ&文鳥刺繍 | top | 迷いシマリス福多朗、保護して今日で2か月♪>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lintulaulu2.blog.fc2.com/tb.php/190-bddd9bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)