Lintu Laulu*糸 鳥 & Piano huone

ピアノと小鳥刺繍   フィンランド語で Lintu(鳥)Laulu(歌)huone(部屋)



没後20年特別展 星野道夫の旅へ :: 2016/08/28(Sun)





まだ若かった頃、星野さんに出会った。

星野さんの写真、そして言葉に、
どれだけ多くの事を教えてもらっただろうか。



大人になってセキセイと暮らし始め、
次第に野鳥や野生動物にも興味がいき、
NHK生き物地球紀行を欠かさず見ていた頃。


その悲しすぎる知らせは、未だに残念、
いや 、悔しいと言った方がよいのかもしれない。



あれから20年。
新しい写真や言葉は増えない事はわかってはいても、
やはり、会いに行ってきた。



慌ただしい日常からストンと彼の世界に浸ると、
これから歩む道を照らしてくれるような、
そんな気がした。



やはり、私にとって大切な人。
これからもふと立ち止まりたくなったとき、
また写真集や本を開くだろう。




その帰り道、実家の猫が亡くなったと連絡。
実はその日、知人が若くして亡くなった事も聞いていた。

そんな知らせも、静かに受け止められたのは、
彼のおかげかもしれない。





スポンサーサイト


テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. おでかけ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<抱っこでねんね 琳音rinneさん | top | キクイタダキ♪野鳥シリーズ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lintulaulu2.blog.fc2.com/tb.php/220-41c0de15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)