Lintu Laulu*糸 鳥 & Piano huone

ピアノと小鳥刺繍   フィンランド語で Lintu(鳥)Laulu(歌)huone(部屋)



セキセイルチノーさんブローチ♪名古屋トリコレ :: 2017/04/05(Wed)

前回の名古屋トリコレでお会いし、ペンダントをお持ち頂いた方からオーダーを頂きました。

今週末の名古屋トリコレでお会いし、お渡しします。


一つ作ったら、違うバージョンも作ってみたくなり二つ完成。一つお選び頂きます。
お会いするのがとても楽しみです。

土日両日参加します。お近くの方は是非遊びにいらして下さい。



  1. 小鳥刺繍
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ドキドキのノドグロゴシキモドキ&ウロコさん :: 2017/04/04(Tue)




オーダーで、まだ見たことのない小鳥さんの、

ノドグロゴシキモドキちゃんとウロコインコシナモンちゃんを刺繍しました。

鳥友さんへのプレゼントということで、

ノドグロゴシキモドキくんは男の子だから明るく元気なイメージで、

ウロコインコさんは、女の子なので上品な感じでというのがオーダー主さんのご希望でした。


ウロコインコシナモンちゃんは、我が家の琳音と同じなので問題なく取りかかれます。

一方、ノドグロゴシキモドキくんは見たことがありません!

見たことのない子は今まで刺繍したことがないのです。

とてもカラフルな羽色ですが、どこがどうなっているのか???

お聞きしたブログで、その姿を見て見て見て見て

なんとか仕上げる事が出来ました。ホッ。


その頃には、この二羽のファンにすっかりなっていた私です💖



先日、無事にプレゼントされたオーダー主さんの鳥友さんから、嬉しい画像がたくさん届きました。

ブローチを見る姿がまた可愛くて、許可を取りました、ご紹介させて頂きます。







めちゃくちゃ、可愛いですね💖












  1. 小鳥刺繍
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
オーダー セキセイ二羽ブローチ、、お嬢様とお母様で。 :: 2017/03/30(Thu)


子供の頃に一緒に暮らした二羽のセキセイインコさんで、ブローチをというオーダーを頂きました。
私も子供の頃に、黄色の、セキセイと暮らしていました。
おめめが赤いので母がルビーちゃんと名付けました。
初めてのさし餌をした記憶です。
なので、オーダー主様の子供の頃とオーバーラップして、子供の頃を思い出しながら刺繍しました。
最初は生成り生地で作り、完成した画像をお見せしたら、なんと、お母様にも同じものをプレゼントしたい。との事でもう1つ作る事になりました。
お母様ということで、ピンクがいいかなとご提案。
回りの部分は変えて作りました。
お母様とブローチをつけてくださるなんて、
とても嬉しいオーダーでした。
もうすぐ、名古屋トリコレ。
実家に帰ります。ちょうど母の誕生日です。
離れていると誕生日を一緒にお祝い出来たのはいつぶりでしょう、、、?
もしかしたら、一緒に暮らしていた高校生ぶりかもです。
実家でお祝い出来るのを楽しみにして、あと1週間トリコレの準備していきたいと思います。

  1. 小鳥刺繍
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
オーダーの木枠ブローチ ウロコインコパイナップルちゃん :: 2017/03/29(Wed)


ホオミドリアカオウロコインコパイナップルちゃん。
我が家の琳音はホオミドリアカオウロコインコシナモン。琳音の兄弟はみなパイナップルちゃんでした。
シナモンよりお腹の赤と黄色が強いですが、他はほぼ同じです。
なので、琳音の兄弟たちは今どこにいるのかな?
幸せに暮らしているかな?などと思いながら、
楽しく刺繍しました。
オーダー主様のパイナップルちゃんといつか琳音とあわせてみたいな、、、

  1. 小鳥刺繍
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
うちの子名前刺繍入り自作バッグの修繕 :: 2017/03/28(Tue)


何年前だったかこのバッグを作りました。
リスが後に我が家へ来ることとは思いもかけませんでしたでしたが、
なぜか、鳥とリス柄の生地を選んだ私です。
内側の片側には、当時一緒に暮らしていたayame karin noaiの文字を、
もう片側には、旅立ってしまったけれど今も一緒だよの思いで、私cと夫kに挟んで、sumire soranと
クロスステッチで刺繍したテープを縫い止めました。
そんな気持ちが入ったバッグです。
けれど、長く使っているとどうしても持ち手から擦り切れみすぼらしくなってきました。
そこで、手を加えてリメイクする事にしました。
同じ生地があったはずですが見当たらないので、
やはり以前パンツを作った残り布、こげ茶の麻生地を使い、持ち手をくるみ、琳音と愛野の刺繍をしました。
すると、なんだか楽しいくワクワクした気持ちになりました。
こうやって、直しながら使い続ける。
大切にしたいです。
今までバッグをオーダー下さいました方々、
こんな感じで修理ができると思います。
持ち手が気になってまいりましたら、
お気軽にお問い合わせください‼️
そうそう、バッグの裏生地は大昔にピアノの部屋のカーテンを作った時のローラーアシュレイの残り布です。

  1. 小鳥刺繍
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
前のページ 次のページ